忍者ブログ
コントラバス奏者、小寺 雅久のオフィシャルブログです。
[101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人間の脳は、二つのことを同時に考えたり思うことは出来ないようです。

なので泣く感情が脳を満たしている時は、脳は精神的ストレスを感じることもありません。

なるほど。笑うことも同様、”カタルシス”です。泣いたり笑ったりすることで、脳の中のもやもややストレスを一旦完全に追い出してしまい、サッパリする訳です。

このことは私にはとても馴染みがあります。

私は良質の音楽に触れると、思わず涙が出ます。そうやってストレス等を処理してきたのだと思いますが、その仕組みが、脳は二つのことを考えられないだとは知りませんでした。しかしこれは色々なことに応用できそうです。

これからは意識的に、脳内の掃除というかリセットをしてみたいですね(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
精神的な…
>良質な音楽に触れると、思わず涙が出ます。
さすが、感性豊かなマサさんです!

私も、好きなオーケストラの生演奏(ポールモーリアオーケストラ)を聴いた時は、
涙とは言いませんが感動しました。
映画鑑賞では、いつも登場人物の感情を共有?してか、心揺さぶられて涙して、又、笑ってます。
終わって出てきた時には、あ~良かった!と心スッキリ、満足してます。(笑)
これも、精神的なカタルシスの様です。。。

バレーボールのゲームで、子供たちに声を出して自分を奮い立たせろ! 元気を出せ!
…これも、心に抑圧したもの、プレッシャーを撥ね退けさせる一つのカタルシスかな?と思ってます。(@_@;)
荒川っ子 2009/02/08(Sun)12:50:22 編集
リニューアル
日記の画面、新しくすっきり見やすくなりましたね。

笑うと、免疫力がアップする。
泣くと、ストレスが発散される。

最近の脳科学の発展はすばらしいです。
私は感情の起伏が激しく、子供のアニメを見ても涙が出ます(笑)
子供にも良く笑われたものです。

女性はよく泣きますが、それでストレスを発散し、長生きする動物なのかな(笑)
よっちゃん 2009/02/08(Sun)13:04:07 編集
涙腺の反応は。
荒川っ子様

感情に影響して、涙が出るのは私は音楽のみです。おそらく、これほど人生で楽しめる産物はありません(笑)

世の中、ストレス社会ですが、自分なりのストレス解消方法は、精神的には必然のようです。

文面から、荒川っ子さんの感情豊かな繊細な優しさが伝わってくるようです(^^)

コメントありがとうございます。
管理者 マサ 2009/02/09(Mon)03:09:51 編集
試行錯誤です。
よっちゃん様

なかなか上手なページが出来ず、試行錯誤の状態ですが、ご指摘ありがとうございます!

かの水泳の北島さんの後ろには、脳外科医の林 成之さんの影響やら、世の中の脳科学のブームは驚愕です。

よっちゃんさんの素敵な優しさが、感情の起伏に一役買っているのでしょうね(^^)

コメントありがとうございます。





管理者 マサ 2009/02/09(Mon)03:18:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/27 管理人]
[10/27 よっちゃん]
[08/31 管理人]
[08/25 荒川っ子]
[08/18 管理人]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マサ
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/07/05
職業:
芸術家
趣味:
珈琲、食、音楽
自己紹介:
国内,アメリカで学んだ後、ソロを中心に室内楽 後進の指導など プロのコントラバス奏者として演奏をしております。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
フリーエリア
アクセス解析

Copyright (c)Double Bassist Masa's Blog All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]