忍者ブログ
コントラバス奏者、小寺 雅久のオフィシャルブログです。
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



昨日、我が家の定番のお味噌が届きました。近年、ネットなどの口コミ、情報や購入など便利な世の中になったものだと思います。

http://www.yamagatabussan.com/index.html

山形には美味しい蕎麦、米沢牛など美味しい食がありますが、この味噌も絶品。 

マンガ「美味しんぼ」に2度に渡り掲載されている究極の味噌で星六の3年熟成も
味噌汁好きにはオススメです。

http://www.hoshi6.com/

我が家もたまにガツンとした酸味の味噌が食べたい時に取り寄せます。

楽器で例えるなら、オールドと新作の長所の味わいに非常に似ており、面白いものでございます。

時代の流れもあり、本物の味噌が近年少なくなってきましたが江戸時代から継続されている
味噌の樽には旨い酵母、微生物が生きております。

どうか、時代の変化もありますが、素晴らしい蔵を守ってほしいと願うばかり。

昔は手前味噌など、各家庭にカンナで削りたてのかつお節、出汁も手間隙かけて、旨い個性溢れる味噌汁がありました。

今は美味しい昔の味を表現するのも面倒ですが、少々、手間隙をかける余裕の気持ちを大切にしたいものですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
星六味噌はおすすめできません。
あの蔵を見てしまったら…。

以前、学校の社会見学で味噌蔵を見せてもらったんですが、
あまりの汚さにがっかりしたんです。

店主のおじさんが説明してくれたんですけど、
「う○こみたいだけど、違うからね、あはは。」
なんて私たち女子班にウケ狙いで言ったみたいだけど…。

デリカシーがなさすぎてほんとがっかりでした。

なんか蔵の中に入ると「ちゅーちゅー」音がするし。
蔵の外には野良猫がいるし。


せっかくのお気に入りみたいですが、こんなコメ書いてごめんなさい。

でも、地元の人間としては気づいた以上ほってはおけなかったので。
ぱお 2008/08/01(Fri)14:43:29 編集
ありがとうございます。
ぱお様

ご指摘、ありがとうございます。どうして、現場に行く事が出来ない消費者には見えない部分がどの世界にもあるようです。

以前、某醤油会社の蔵の主も、冗談の一言?でネズミも匂いにつられて蔵に落ちるようではないと駄目!との発言に耳を疑いましたが・・そのような事なのでしょう(笑)

なるべく、地元の人間の情報も聞くようにしていても、遠隔地だと情報の伝達が実際は難しいのが実情でございます。

今後も何か、ありましたら遠慮せずにご指摘、情報のほうお待ちしておりますので宜しくお願いします。

初コメント、ありがとうございました。
管理者 マサ 2008/08/01(Fri)18:12:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[10/27 管理人]
[10/27 よっちゃん]
[08/31 管理人]
[08/25 荒川っ子]
[08/18 管理人]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マサ
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1974/07/05
職業:
芸術家
趣味:
珈琲、食、音楽
自己紹介:
国内,アメリカで学んだ後、ソロを中心に室内楽 後進の指導など プロのコントラバス奏者として演奏をしております。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
フリーエリア
アクセス解析

Copyright (c)Double Bassist Masa's Blog All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]