忍者ブログ
コントラバス奏者、小寺 雅久のオフィシャルブログです。
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

においというのは非常に動物的な感覚なのかもしれません。

5感と言われる感覚の中で、自分の意志でどうすることのできないものです。

聴覚も道具を使わなければシャット・アウトできませんから、生命を維持することに直結している感覚というのは、人間というフィルターを通さない、生き物としての根元的なものなのですネ。

さて、そんなことを書いたのは、ふと嗅いだ残り香に心がざわめいたからです。

そういえば、ある研究に男女の関係にはこのにおいが大きな役割を果たしているというのがありました。遺伝子を残すために、自分と免疫の型が違う相手をそうやって見分けているのだとか。眉唾ものだと思っていましたが、もしかしたら一理あるのかもしれません。

冬は、湿度が低いので、意外に匂いが気になる時期です。気をつけねば(笑)
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
超敏感?
人間も動物。
犬まではいかないまでも、気づかないうちにかぎ分けているらしいですね。

特に性に関するにおいは・・・・・。

私は子どもの頃からにおいに敏感で、食べ物の傷んだ状態を判断する係でした。
今も家内に頼まれます。

職場でも、カビの臭いや誰かがなめている飴やガムの臭い、湿布薬の臭いなど指摘するので、職員に驚かれます(笑)
香水の臭いのきついのは、気分が悪くなり最悪です。

私に好意を持つ女性の臭いが判れば最強なんですが。
よっちゃん 2010/01/11(Mon)18:25:52 編集
ギフト
よっちゃん様

そういえば、よっちゃんさんは、匂いに敏感な方でしたね!恐れ入りました。それは、素敵なギフトと思います。

私は、食いしん坊?なのに、腐った食べ物がわからないほど、匂い音痴かもしれません。。

う~ん、好意的な女性の匂いがあっても、相手が振り無かなければ意味は無し・・・難しいですネ(笑)

コメントありがとうございます。
管理者 マサ 2010/01/11(Mon)19:13:50 編集
鈍感
嗅覚?!ですか、、、。
私も、女性の強い香水は頂けませんが、
その他は、概ね気にならないと言うか、
感じないと言うのか、鈍感です!

でも夏場の暑いときは、汗かきの自分は
身体にパウダースプレーを噴霧しているのは
チョッと矛盾しているでしょうか?!(@_@;)

臭いもいろいろありで、美味しい食べ物の臭い、
自分に好意を持つ女性の臭い、でも、こちらは
もう○○年遅いし…。(笑)
やっぱり、山の澄んだ空気の臭いが最高でしょうか?!
\(^o^)/

荒川っ子 2010/01/11(Mon)21:42:55 編集
自然の空気
荒川っ子様

私も鈍感な部類の人間と思いますが・・・う~ん、どうも不思議な匂いには惹かれますね。

さて、私も汗かきですが、食べ物で匂いも変わるようですので、気になった時は肉類を断ちます。

まぁ自然の空気の旨さは、格別です!温泉へ行きたくなります(笑)

コメントありがとうございます。
管理者 マサ 2010/01/12(Tue)22:33:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   癒し    ♠ HOME ♠    頌春   ≫
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/27 管理人]
[10/27 よっちゃん]
[08/31 管理人]
[08/25 荒川っ子]
[08/18 管理人]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マサ
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1974/07/05
職業:
芸術家
趣味:
珈琲、食、音楽
自己紹介:
国内,アメリカで学んだ後、ソロを中心に室内楽 後進の指導など プロのコントラバス奏者として演奏をしております。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
フリーエリア
アクセス解析

Copyright (c)Double Bassist Masa's Blog All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]