忍者ブログ
コントラバス奏者、小寺 雅久のオフィシャルブログです。
[125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

奥多摩にも鍾乳洞があるのをご存知でしょうか?奥多摩湖付近の日原街道入り口交差点から20分ほど車で行った場所にあります。

道路は、舗装してあるが、車一台分の幅しかない場所も多い。運転に不安な方は、バス利用をお勧めする。

昨日は、いつもの奥多摩の蕎麦屋(丹三郎)で食べた後、日原鍾乳洞へ。

(蕎麦屋は、過去の記事へどうぞ)
http://masahisa.blog.shinobi.jp/Entry/56/

受付場所は質素だが、隣に併設されたトイレが、豪華?なので、女性でも安心な場所だろう。


鍾乳洞入り口付近は小さく、隣に流れている滝が気分を盛り上げる。


中に入ると、異質な地下空間が広がり、荘厳な時間の流れを感じる。昔は信仰の対象だったせいか、自然崇拝の影響を受けた呼び名が、恐怖だ(笑)

この名所 ”三途の川” がまさにそれだ。


あらためて東京であることを忘れさせるような自然の宝庫に驚愕する。

日本三大洞、龍泉洞に比べると、広さはそれほどでも無いが、縦方向に何層にもなっている風景は見ごたえがある。


特に、この縁結び観音様がすごい。観音様の後ろに一円玉がベタベタに貼ってあるのだ。そのせいか、神々しさをは更に増しているようだ・・・・無論、パンフレットには無い風景だ。


家族連れや年配の方まで楽しめる!・・・と、入り口の看板に書いてあったが、狭く急で危険な勾配、濡れた路面や階段等々・・ウソだろう?と思うほどハードな場所だ。

下から上を見た壮絶な絶景が、証拠で筋肉痛は確実だろう。


しかし、長い年月の刻みの色彩感は、見事すぎて素晴らしい景観だ。


外は暑く、中は寒い。だから、外にあるトイレが豪華と妙に納得した。

この意味は、書かなくともご理解いただけると思う。


〒198-211 東京都西多摩郡奥多摩町日原
℡ 0428-83-8491

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
12ヶ所も
北の「龍泉洞」から南は石垣島まで12の鍾乳洞があることを、今ほどネットで知りました。
奥多摩にもあるんですね。

「飛騨大鍾乳洞」と「秋芳洞」へ行ったことがありますが、夏は涼しくて、なんてとんでも無かったです。ブルブル・・・。
自然の偉大さに驚くばかりです。

トイレがどうだったかは記憶にありません。
なにしろ、秋芳洞へ行ったのは、35年ほど前ですから(笑)
最近ではどこの鍾乳洞も、立派なのが建っているのでしょうね?
よっちゃん 2009/05/14(Thu)00:27:11 編集
種類も豊富
よっちゃん様

全国に多く点在する鍾乳洞ですが、意外に行く機会が少ない場所でもあります。私も、20年ほど前に行った記憶しかありません。

鍾乳洞の中は、天然の冷蔵庫の寒さです。身体が冷えれば・・・トイレに行きたくなるのが回答です(笑)子供より大人のほうが、正直に反応しますので、私はダッシュでした。

そこで、トイレが高機能でなければ、人が賑わった時、大変な事になると予想したのかもしれません。なにより綺麗なのは、嬉しいものです(^^)ただ、冬は外界のほうが、寒くなるので、鍾乳洞の中のほうが、暖かくなるようです(@@)

コメントありがとうございます。

管理者 マサ 2009/05/14(Thu)01:02:48 編集
感心あり
鍾乳洞と言えば、我が家の近くの秩父・橋立鍾乳洞と、よっちゃんさんと同じく
20代の頃に秋芳洞を訪れた事があります。
後は、富士山麓にある富岳風穴も行ってみましたが、これも鍾乳洞の一つに
なるのでしょうか?

マサさんご紹介の丹三郎で昼食を頂きながら、何時ぞやドライブをと計画しましたが、
その時は計画が頓挫しました。
次回は、私も是非、日原鍾乳洞へと足を延ばして、美味しいお蕎麦を頂いてみたいものです。(*^_^*)
荒川っ子 2009/05/14(Thu)18:18:30 編集
ここだけの・・
荒川っ子様

もし、丹三郎に行くのであれば、お勧めは ”そばがき” ”そばアイス”が絶品です。このために行くだけでも価値があると思います(^^)

日原鍾乳洞は、富岳風穴のような溶岩鍾乳面、溶岩棚や氷の池などの白い風景ではありません。ここは色が黒ずみ、美しさとは無縁の場所です。それでも、鍾乳洞として、岩肌の鋭利のような景観は天然記念物のひとつとしては、美しいものです。

蕎麦屋から、車で40分程度場所ですが、ドライブコースとしては文句なしです。ここは、平日に行くのがお勧めですので、是非!

コメントありがとうございます。
管理者 マサ 2009/05/15(Fri)00:22:54 編集
探検・・・
鍾乳洞って探検して行く感じが、いいですよね!
インディージョーンズみたいに・・・

写真を拝見していて、また行ってみたくなりました~

でも、寒い・・・本当に・・・
外に出るとほっとします。

温かい食べ物や飲み物が無償に欲しくなり、
豪華なトイレは嬉しいですよね・・・
小夜湖 2009/05/25(Mon)01:18:08 編集
ロマン?溢れる神秘の冒険。
小夜湖様

洞窟の中に入っていく様子はまるで映画のようです(笑) しかし、強烈な寒さが難点ですが、面白さでもありますよね。

さて、久しぶりに鍾乳洞を肌で感じると、思いがけない発見もあり興味深い自然の美しさに驚きます。なにより、自然の造形美の美しさは、素晴らしい!

最近は、トイレなどの施設は充実しております。なので、安心して探検?を出来ると思いますので、是非、足を運ばれてくださいませ(^^)

コメントありがとうございます。

管理者 マサ 2009/05/26(Tue)00:39:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   Swine Flu    ♠ HOME ♠       ≫
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/27 管理人]
[10/27 よっちゃん]
[08/31 管理人]
[08/25 荒川っ子]
[08/18 管理人]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マサ
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/07/05
職業:
芸術家
趣味:
珈琲、食、音楽
自己紹介:
国内,アメリカで学んだ後、ソロを中心に室内楽 後進の指導など プロのコントラバス奏者として演奏をしております。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
フリーエリア
アクセス解析

Copyright (c)Double Bassist Masa's Blog All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]