忍者ブログ
コントラバス奏者、小寺 雅久のオフィシャルブログです。
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間がある時には、音楽も聴きますが、テレビ番組も見ています。

ここ数年の特徴だと思いますが、番組の最後に流されるスタッフテロップの猛烈な速さ、気がつきますか?

映画館で見るスタッフテロップとは、恐ろしいほどの速さの違いがあります。

この素早い速度のテロップを必ず凝視している ”宇宙人”は、いないと思いますが、番組というのは、多くのクレジットされている人材によって創られているはずです。

もし、これ以上の早いテロップが増えたら、どうなるのでしょうか、疑問です。

弦楽器の場合は、マイスターもいますし、ピアノも調律師の存在がいて、成り立つのであります。かと言って、多くのチラシや、宣伝等に、その方々の名が書かれる事はないのですが。。。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
速読
テロップの速さについて、気にしていませんでしたが、言われてみれば、なるほど。
テレビドラマの時に目で追ってみると、衣装協力に至るまで事細かに出ますが、ついていけません。もっとも、見る気もあまり起こらないのですが(笑)

映画も同じように流れますが、見ずに映画館を出てしまいますので、速さや中身がどうかは記憶になく・・・・。

バレーやコンサートなどの時は、パンフレットを隅々まで読むのですが、調律師さんや照明スタッフまでは載っていませんね。

これらの違いの意味は、何なんでしょうかね?

 
よっちゃん 2009/04/29(Wed)22:17:22 編集
速読の訓練にも(笑)
よっちゃん様

文字では無い画面を見ていると、名前なぞまったく読めません。しかし、当事者にとっては大切な時間ではないでしょうか。

何が、心配かというと、スタッフを志望をする若者が減るのではないかと、心配しています。自分たちの仕事に対して、レスペクトを持つ意識が欠けてしまう可能性があるかもしれません。もし、私が当事者なら、辞めます(笑)

私も、調律、マイスターの方の名前を書きたくとも、なかなか難しい問題であります。本物の職人さんの中には、前に出たがらない方もいるのは、事実ですので。

コメントありがとうございます。
管理者 マサ 2009/04/30(Thu)00:24:13 編集
立場違えば
普段テレビを見ている状態で、画面上部に流れるテロップの時は、
おおよそ臨時ニュースですので、そう言う時は、しっかり見ますが、
番組最後に流れるテロップはほとんど意識しません。

ですが、映画でも同様と思いますが、制作に関与した方、協力会社は、
過剰なほど(笑)意識していて、気がついて貰いたい気持ちがあるのでは
ないでしょうか?

関係ないと人は意識しないものですが、関係あると意識されたいものです。
立場違えば、180°意識が違います。
自己顕示欲旺盛な感覚でしょうか?(@_@;)
荒川っ子 2009/05/01(Fri)11:08:39 編集
売れっ子
荒川っ子様

私も意識をしなければ、スタッフテロップを意識する事が難しいと思います(笑)

しかし、創り手は、いつも取り替えが可能で、大切なのは売れっ子の芸能人だけで、不思議な匂いを感じます。今後、番組スタッフに優秀な人材や熱心な人材が、集まらないかもしれません(@@)

なので、いつも早いテロップを見るたびに、緊急性のない話題と思いますが、スタッフを志望する若者が減るのではないかと、いらぬ心配をする今日この頃であります。

コメントありがとうございます。

管理者 マサ 2009/05/01(Fri)21:54:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/27 管理人]
[10/27 よっちゃん]
[08/31 管理人]
[08/25 荒川っ子]
[08/18 管理人]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マサ
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/07/05
職業:
芸術家
趣味:
珈琲、食、音楽
自己紹介:
国内,アメリカで学んだ後、ソロを中心に室内楽 後進の指導など プロのコントラバス奏者として演奏をしております。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
フリーエリア
アクセス解析

Copyright (c)Double Bassist Masa's Blog All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]