忍者ブログ
コントラバス奏者、小寺 雅久のオフィシャルブログです。
[256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週、とある場所でお経という"例え"をされた場面がありました。

そう言えば、お経は眠くなるとよく云いますが、本当にそう思います。

私の石川県の祖父が亡くなり、そのような機会を思い出しました。

お経の長~い音?は、妄想など、あらゆる類の瞑想を走らせます。

まぁ、脳の迷走の方が正しいかも知れません。

意味が分からないので意識がそちらに引っ張られず、美しい旋律もリズムもなく、音自体に聞き入ることもなく、これまた解き放たれます。

解き放たれる方向は、本来予定されている方向も勿論ありますが、煩悩方向も多いのでしょうか。。

こんなことでいいのか、と思いつつも・・・・眠くなります。

夢か現実か、不思議なものですネ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
お経とは有る意味、無の芸術なのではないかと時折思う事が有ります。上手い下手は別として、唱えられるお経の大半は、多くの人々を迷走(?)させ、何も考えられない(?)無の境地へと誘ってくれます。疲れた脳みそを、停止(?)させ、休ませてくれる効果まで保証済みと来れば、一種の芸術!

如何に我を滅し、無になる事が難しいかは、音楽家であれば勿論、あらゆる選択肢が用意され過ぎて、何かを一つに絞る事が難しくなってしまった今の世の中では、多くの方々がそれを実感しているのではないでしょうか。

お経を聞きながら、無我夢中になれる物を見付けるのも、案外素敵かもしれませんね。
Reikochat 2013/02/18(Mon)06:18:52 編集
睡眠薬?
小さい頃、祖母につれられてお寺へよく行くったことがあります。もちろん目的はお寺でもらうお菓子でしたが・・・(笑)

同じお経でも、低く張りと響きのある美声の坊さんの時はありがたく感じ、聞き入ったものでしたが、最近は、お経が始まると眠くなるようになりました。
歳でしょうか。

実家は浄土真宗でしたが、こちらは禅宗でしたので、
般若心経を覚えました。分厚い解説書を読みましたが、結局、「ありがたい」ということだけがわかりました(笑)

夜、布団に入って寝付けないとき、ひたすら般若心経を心の中で唱えると、ありがたいと自己暗示にかかるのか、いつの間にか眠っています。
羊が一匹・・・・・・・と変わらないのかな?(笑)
よっちゃん 2013/02/19(Tue)09:02:31 編集
芸術
Reikochat様

お経とは・・・無の芸術とは例えが素晴らしいですネ。

日本人として、縁深いお経は、ある意味心地よい言葉の渦です。バッハ音楽で言えば、フーガの技法でしょうか(笑)

そんな、お経の不思議な麻薬のような語りを唱えている音が織りなす感覚は謎です。

コメントありがとうございます。
管理者 マサ 2013/03/03(Sun)19:46:37 編集
お言葉
よっちゃん様

ありがたいお言葉、確かに究極の意味はそこでしょう。

人間の英知は、壮大で深く意味深い宝物。

その意味を理解し、生活に感謝を込めて生きていく・・・簡単なようで、無の極地に悟りをひらく人生。

音楽も、究極は無欲の先のなにか・・そこに全ての到達点があるのですネ。

コメントありがとうございます。
管理者 マサ 2013/03/03(Sun)19:50:10 編集
≪       ♠ HOME ♠    時間   ≫
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/27 管理人]
[10/27 よっちゃん]
[08/31 管理人]
[08/25 荒川っ子]
[08/18 管理人]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マサ
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/07/05
職業:
芸術家
趣味:
珈琲、食、音楽
自己紹介:
国内,アメリカで学んだ後、ソロを中心に室内楽 後進の指導など プロのコントラバス奏者として演奏をしております。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
フリーエリア
アクセス解析

Copyright (c)Double Bassist Masa's Blog All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]